2010年03月06日

小沢幹事長と創価学会接近説 参院選後に「民主-公明連立」?(J-CASTニュース)

 衆院総選挙で敗北し、すっかり影が薄くなった感のある公明党だが、政権与党でもある民主党との距離が接近しつつあるとの見方が相次いでいる。例えば公明党の山口那津男代表は鳩山首相に対して介護政策を提言し、首相はこれに同調。さらに、同党の支持母体である創価学会の秋谷栄之助前会長は、最近になって小沢一郎幹事長と会談したとの報道も相次いでいる。狙いは、どこにあるのか。

 ここ半月ほどで、両党の「歩み寄り」を思わせるエピソードが相次いでいる。

■小沢幹事長と創価学会秋谷前会長が会談?

 例えば公明党の山口代表は、2010年2月17日に行われた党首討論で、いわゆる「政治とカネ」の問題に関連し、鳩山首相に対して

  「公明党では、企業・団体献金の禁止を提案し、与野党での協議機関の設置も求めている。だが、まだ与党からは回答がない」

と問いかけると、

  「公明党が、大変望ましい案を作っている。民主党としても与野党協議機関の設置に賛成したい」

と同調。さらに、2月24日には、山口代表は官邸で鳩山首相と会談し、「新・介護公明ビジョン」と題した介護政策を提言。鳩山首相は長妻昭厚労相を呼び、提言を政策に反映できないか、検討するように指示した。

 さらに、両党の接近を印象づけたのが、小沢一郎幹事長と、公明党の支持母体である創価学会の秋谷栄之助前会長との会談報道だ。新聞各紙が関係者の話として報じたところによると、会談は2月26日夜、都内のホテルで行われたとされ、民主党の輿石東・参院議員会長も同席していたという。ただし、小沢氏自身は3月3日の会見で、会談について問われ

  「そのような事実はありません」

と否定している。

 小沢氏は、1994年に新生党や公明党が合流して結成された新進党の2代目の党首を務めており、創価学会は新進党の「集票マシーン」としての役割を果たしてもいる。このことから、小沢氏と秋谷氏は、この頃から親交があるとされる。

 新進党は、97年末に公明党出身者が離脱する形で解党しており、それ以来、小沢氏は創価学会に対して距離を置いていたという見方もある。それでも、小沢氏は98年にも創価学会本部を訪れて秋谷氏と会談しているし、小沢氏の民主党代表就任5日目の06年4月11日にも、両者の会談は行われている。元々「遠くない仲」だったとも言えそうだが、今回の会談では、両党の連携について話し合ったと見られており、さらに両者の距離が近くなったとの見方が有力だ。

■公明党は与党になりたい様子が露骨になっている?

 政治アナリストの伊藤惇夫さんも、両党の距離は確実に縮まっていると見る。

  「公明党は、ついこの間まで自民党と連立を組んでいましたので、いきなり手のひらを返すようなまねはしないでしょう。世論が受け入れません。ただ、基本的に両者の利害は一致していますので、『じょじょに』という可能性はあります。参院選で与党が過半数取れなかった場合、(公明党を)連立に引っ張り込む必要がでてきます、過半数を取った場合でも、(公明党が連立に加わった場合、民主党と政策面で齟齬が多い)社民党を切り捨てるということもできるようになります」

 さらに伊藤さんは、公明党が「与党志向」を強めつつあることを指摘している。

  「公明党は『与党になりたい』様子が、露骨になってきています。比例代表での擁立が決まっていた太田昭宏前代表の公認を取り消したことが、明確なサインでしょう。太田氏は、『反民主』の急先鋒だったわけですから」

 小沢氏は、3月3日の会見で公明党との関係について問われ、

  「国会運営についても選挙も協力はない。公明党は公明党の立場で判断する」

と否定しているが、両党の関係をめぐっては、今後も様々な憶測を呼ぶことになりそうだ。


■関連記事
朝日新聞に「阿含宗のイベント」 大手マスコミ「宗教広告」増加? : 2010/01/29
「久本雅美が公明党から出馬」 もっともらしい噂が駆け巡る : 2008/03/11
創価学会 会長と一緒に ウェブサイトも大刷新 : 2006/11/10
アッキーナ、初収録のデキは「50点」 DAM CHANNELの「8代目MC」就任  : 2010/03/02
無駄な「ブラック会社探し」はもうやめよう : 2010/03/02

小沢氏辞任に期待=民主・渡部氏(時事通信)
ギフチョウ 今年初めて羽化 羽紋色鮮やか 岐阜(毎日新聞)
<行方不明>高等養護学校の女子生徒 先月28日から 長崎(毎日新聞)
温暖化基本法案「国民対話が重要」 連合、政府に申し入れ(産経新聞)
2ちゃんねるダウン 韓国からのサイバー攻撃か?(産経新聞)
posted by HIRO at 13:49| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。