2010年02月03日

阪神大震災援護金“借り得”許すまじ 滞納者に返還求め訴訟へ(産経新聞)

 大阪市は27日、阪神大震災の被災者に貸し付けた「災害援護資金」で、能力があるのに返済しない滞納者に対し、返済を求める訴訟を起こし、回収を進めると発表した。

 訴訟対象とするのは、借受人が行方不明になったり、資産があるとみられるのに返済せず、時効が迫っているケース。金額が多い滞納者を中心に約15件の訴訟を起こす。

 市によると、平成8年に641件約10億5千万円の災害援護資金を貸し付けた。経済的な理由で返せない人には少額分納を認めるなどして回収してきたが、昨年10月で213件約2億3千万円が未収となっている。

 担当者は「苦しい中で一生懸命返済してくれる人もおり、一部の“借り得”は許されない」と話している。

外国人参政権、拙速避けるべき…総務相は慎重(読売新聞)
<陸山会土地購入>収支報告書知らぬ…大久保容疑者供述変更(毎日新聞)
【話の肖像画】辺境より(下)作家・佐々木譲 傷ある人間に共感する(産経新聞)
「歩行者天国に突っ込んで多くの人を」計画は恐怖で3度躊躇(産経新聞)
「ライ麦畑でつかまえて」のJ・D・サリンジャー氏、91歳大往生(スポーツ報知)
posted by HIRO at 13:25| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。